首のいぼの原因は?いぼはなぜできるの?

首のいぼの原因は、主に2つに分けることができます。

その原因とは、ウイルスと加齢です。

ウイルスが原因で生じる首のいぼはウイルス性いぼ、加齢が原因で生じる首のいぼは老人性イボと呼ばれます。

ウイルス性いぼは感染性であり、他の皮膚に感染してしまう可能性がありますので、治療が必須です。

一方、老人性イボは感染性ではないため、放っておいても特に問題ないのですが、そのままにしておくとどんどん大きくなってしまう可能性がありますので、やはり治療したほうが良いかもしれません。

いずれにせよ、首のいぼの治療と予防には、いぼの原因を知っておくことが大切です。

ここでは首のいぼの原因についてより詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

首のウイルス性いぼの原因とは

首のウイルス性いぼの原因とは

首のウイルス性イボの原因は、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスです。

皮膚に傷があると、そこからヒト乳頭腫ウイルスが侵入します。

すると細胞がウイルスに感染し、ウイルス性いぼができてしまうというわけです。

皮膚に傷がある時は、以下のことに注意しましょう。

  • 不衛生なタオルで身体を拭かない
  • 温泉やプールなどは極力避ける
  • 汚れた手で傷口を触らない

ウイルス性いぼを予防したいなら、皮膚に傷がある時は絆創膏やガーゼなどで傷口を保護し、ウイルスに感染しないよう対策を打ってください。

なお、首のウイルス性の治療法などについては、以下のページで詳しく解説しています。

⇒「首のウイルス性いぼの原因と症状は?治療法はこれだ!」

首の老人性いぼの原因とは

首の老人性いぼの原因とは

首の老人性いぼの原因は、ずばり加齢です。

厳密に言うと加齢だけではないのですが、人間の皮膚のターンオーバーは加齢とともに衰えていきます。

若い頃は皮膚のターンオーバーと共に古い角質が自然と剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが衰えると古い角質が皮膚に留まり続け、どんどん溜まっていきます。

すると、茶褐色のシミのようになり、さらに紫外線などの刺激を受けることで盛り上がり、老人性イボになってしまうのです。

老人性イボは感染性があるウイルスが原因ではないため、他の皮膚に感染することはありません。

しかし、特に首など目立つ皮膚にあると見た目を損ねてしまいますし、放っておくとどんどん大きくなる可能性があります。

健康に問題はないとはいえ、やはり治療するに越したことはないでしょう。

首の老人性イボの治療法などについては下記で詳しくまとめていますので、ぜひチェックしていただければと思います。

⇒「首の老人性イボの原因と症状は?治療法はこれだ!」

首のいぼの皮膚科での治療を厳選紹介

首のいぼの皮膚科での治療を厳選紹介

首のいぼは、皮膚科で治療することができます。

皮膚科で主に取り扱われているいぼの治療法は、液体窒素治療とレーザー治療、ヨクイニン治療です。

液体窒素治療とレーザー治療は外科的治療であるのに対し、ヨクイニン治療はヨクイニンエキスを配合した内服薬を服用することで治療します。

では、皮膚科で取り扱われているこれらの治療法はどのようなものなのでしょうか?

以下でまとめてみましたので、参考にしてください。

液体窒素治療

液体窒素治療は、その名の通り液体窒素をいぼに塗布する治療法です。

液体窒素は超低温であり、いぼに塗布することで細胞を凍結死させ、除去します。

皮膚科でもっとも広く取り扱われているいぼの治療法と言っても過言ではないでしょう。

液体窒素治療のメリットとデメリットは以下の通りです。

液体窒素治療のメリット

  • 実際の施術時間が短い
  • 治療効果が高い
  • 保険適用の治療法

液体窒素治療のデメリット

  • 治療期間が長い
  • 施術時に痛みがある
  • シミのような跡が残る可能性がある

液体窒素治療の詳細はこちらのページで詳しく説明していますので、チェックしていただければと思います。

⇒「首のいぼは液体窒素療法で治る?治らない?液体窒素療法のメリットとデメリットとは」

レーザー治療

レーザー治療は、炭酸ガスや紫外線などのレーザーを利用して首のいぼを除去する治療法です。

炭酸ガスレーザーや紫外線レーザーを首のいぼに照射すると、皮膚内にある水分との反応で熱エネルギーが生じます。

その熱エネルギーでいぼを焼き、除去するというわけです。

レーザー治療は皮膚科はもちろん、形成外科や美容クリニックでも取り扱われています。

レーザー治療のメリットとデメリットは以下の通りです。

レーザー治療のメリット

  • 治療効果が高い
  • 治療期間が短い
  • シミのような跡が残りにくい
  • 麻酔が使用されるため痛みはほとんどない

レーザー治療のデメリット

  • 施術後に肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)ができる可能性がある
  • 保険適用外

レーザー治療の詳細については、以下のページでより分かりやすく解説していますので、ぜひご参照ください。

⇒「首のいぼの治療跡を残したくないなら炭酸ガスレーザー療法!炭酸ガスレーザー療法のメリットとデメリットとは?」

ヨクイニン治療

ヨクイニン治療は、ヨクイニンエキスを配合した内服薬でいぼを治療する方法です。

ウイルス性いぼと老人性イボを治療するうえで大切なことは、皮膚のターンオーバーと免疫力でしょう。

ヨクイニンエキスに含まれている成分には、皮膚のターンオーバーを正常化に導き、細胞の免疫力を高める作用が期待できると言われています。

  • 皮膚のターンオーバー
    首のウイルス性いぼを治療するためには、いぼの芯を除去しなければなりません。ターンオーバーが正常な皮膚とそうでない皮膚とを比較した場合、いぼの芯が皮膚表面に出てくるのは早いのは、ターンオーバーが正常な皮膚です。そのため、より早くいぼを治療したいのであれば、皮膚のターンオーバーを正常化することが大切だと言えるでしょう。また、皮膚のターンオーバーが正常であれば皮膚のうえに古い角質が溜まりにくくなりますので、老人性イボの予防にもつながるかもしれません。

  • 細胞の免疫力
    首のウイルス性いぼは、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスに感染することで生じます。ただ、細胞の免疫力が高ければ、ヒト乳頭腫ウイルスによる感染を防げる可能性が高くなりますので、いぼの予防には不可欠と言えるでしょう。

ヨクイニンエキスは実際、いぼの治療薬として皮膚科で処方されています。

また、ヨクイニンエキス薬はネット通販でも販売されていますし、最近ではヨクイニンエキス配合のポツポツ対策美容クリームなども販売されていますので、病院で治療したくないという方は、一度試してみても良いかもしれません。

ヨクイニン治療のメリットとデメリットは以下の通りです。

ヨクイニン治療のメリット

  • 身体に負担がかかりにくい
  • 保険が適用される

ヨクイニン治療のデメリット

  • 治療期間が長い
  • 治療費用がかかる
  • いぼを治療できない可能性がある

ヨクイニン治療のメリットやデメリットなどについては、こちらのページでより詳しく解説していますので、チェックしてください。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」

首のいぼにはヨクイニンがおすすめです!

首のいぼにはヨクイニンがおすすめです 上記で説明しましたように、首のいぼを治療・予防するためには、皮膚のターンオーバーと免疫力が大きなポイントです。

ヨクイニンエキスには皮膚のターンオーバーを正常化し、細胞の免疫力を高める作用が期待できるとされています。

ヨクイニンエキスを配合した医薬品はネット通販で購入できますので、皮膚科に行きたくない方や皮膚科に行く時間が取れないという方は、試してみても良いかもしれません。

また、最近ではヨクイニンエキスを配合したポツポツ対策美容クリームも発売されています。

もちろん医薬品ではないため、首のいぼを治療・予防できる保証はありませんが、ポツポツ対策美容クリームにはその他にもたくさんの成分が配合されていますので、毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

⇒ポツポツがスルッと取れた!?人気のポツポツ対策美容クリームランキングはこちら