いぼの基本的要因

適度な運動習慣でいぼは減らせる?いぼというと、肌にできるプツプツしたできもので、シミの様な色合いをしています。いぼはしわやしみやたるみなどと並んで、肌の悩みの一つとしてよく数えられます。

その原因はずばり肌の衰えです。できものと聞くと、なんだか急性の病気のように思うかもしれません。しかし実際は、肌に蓄積したダメージが原因です。

ウイルス性のいぼもあるとはいえ、一般的ないぼは、角質がたまって固まってできるものです。首は皮膚がうすく、特にいぼが出来やすい部位の一つです。

古くなった角質がたまってしまう要因としては、加齢によるターンオーバーの乱れ、紫外線、乾燥や擦れなどの刺激があげられます。

いぼは運動と関係がある?

ではいぼの改善のためには、どのようなことをしたら良いのでしょうか。もちろん、いぼとりクリームを使ったり、肌に良い食事を心がけることは必要です。また、運動も良い方法です。

運動といぼは一見関係なさそうに見えるかもしれません。しかし、間接的ないぼ対策として効果が期待できます。運動が健康維持に大切なことはよく知られています。

運動をすると具体的に何が良いかというと、身体の代謝があがることです。肌の状態が悪くなっていぼが出来るという仕組みを考えると、肌の新陳代謝を促進する事が大切であるのは明白です。

皮膚の代謝が良くなると、古くなった角質が滞留しにくくなるため、それがいぼ予防となります。

どんな運動をしたら良い?

運動と言っても色々な種類があります。具体的に行うと良い運動を挙げてみます。新陳代謝を活発にするには、毎日ちょっとずつでも行える運動がおすすめです。

また有酸素運動を取り入れると良いでしょう。例えばジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳などが有酸素運動の代表です。これらの中から自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

運動のための時間が取りにくい場合は、他の用事と組み合わせて動いて見ることも考えられます。例えば、仕事帰りであったり、学校帰りの時間などをウォーキングにあてても良いでしょう。

いきなり長時間やるのは習慣づけるのが難しいため、20分から30分くらいで軽い運動を行うように努めると良いでしょう。

総合的な対策も忘れずに

運動に特化して説明しているものの、食事や睡眠、肌を柔らかくするクリームなどの総合的なケアも怠らないようにしてください。

食事としては、ビタミンAやCやEなど、肌に良いとされるものを積極的に摂るようにします。また睡眠については、しっかり成長ホルモンが分泌されるために、出来るだけ早い時間に眠りについて、良い睡眠を取るように心がけましょう。