首のいぼを病院で治療しよう

首のいぼは病院での治療がおすすめです。

特にウイルス性いぼの場合、放って置くと治療が難しい難治性いぼになってしまう可能性がありますし、他に感染していぼの数が増えてしまうこともありますので、早めに病院で治療すべきでしょう。

一方、老人性いぼはウイルス性いぼのように感染することがないため、放っておいても特に問題はありません。

ただ、老人性いぼを放って置くとどんどん大きくなってしまいますので、やはり病院での治療がおすすめです。

では、病院では首のいぼをどのように治療しているのでしょうか?

ここでは病院で主に行われている首のいぼの治療法を紹介しますので、病院での治療を考えている方はぜひチェックしてください。

首のいぼの病院での代表的な治療法

液体窒素治療

液体窒素治療は、病院で最も広く用いられている治療法と言っても過言ではないかもしれません。

液体窒素治療ではまず綿球などを超低温の液体窒素に浸し、それを首のいぼに塗布します。

首のいぼが凍結したら削り、それを繰り返すことで完治を目指すのですが、治療時には麻酔が使用されませんので、激しい痛みを我慢しなければなりません

また、3ヶ月程度は病院に通院して治療を続けなければならないため、仕事をしている方にとっては難しい治療法とも言えるでしょう。

一方、液体窒素治療は保険診療ですので、治療費用お抑えることはできるかもしれません。

レーザー治療

レーザー治療は、美容皮膚科や形成外科などでも用いられている首のいぼの治療法です。

炭酸ガスレーザーや紫外線を首のいぼに照射すると、細胞内の水分と反応して熱が発生します。

その熱を利用して首のいぼを焼き切るというわけです。

液体窒素治療では麻酔が使用されないため、激しい痛みを伴うのですが、レーザー治療では局所麻酔が使用されますので、痛みを感じることはあまりありません

また、レーザー治療は跡が残りにくい治療法であるため、首のいぼの治療に向いていると言えるでしょう。

ただし、レーザー治療は保険診療ではありません。

首のいぼの治療法のメリットとデメリットについてはこちらでまとめていますので、ぜひチェックしてください。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」

首のいぼをはさみで切ったらダメ!

首のいぼをはさみで切ったらダメ

「首のいぼは自分ではさみで切れば良いんじゃないの?」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、首のいぼをはさみで切る行為はとても危険です。

首のいぼをはさみで切ると、当然激しい痛みと出血を伴いますし、素人が処置すると傷口が他のウイルスに感染し、皮膚疾患を引き起こしてしまう可能性があります。

また、ウイルス性いぼである場合、はさみで切った際にウイルスが飛び散り、他の皮膚にウイルス性いぼができてしまう可能性もありますので、首のいぼをはさみで切る行為にはリスクしかありません。

ちなみに、病院の皮膚科などで使用されているはさみは医療用のはさみであり、市販されているはさみとは切れ味がまったく異なります。

首のいぼの病院以外での治療法はあるの?

自宅での首のいぼ対策にはヨクイニンがおすすめ!

首のいぼを病院で治療しなくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

首のいぼは病院で治療したほうが好ましいのですが、初期段階のウイルス性いぼ、もしくは老人性いぼ(脂漏性角化症)である場合、病院に行かずとも治療できる可能性があります。

その鍵となるのが、ハト麦です。

ハト麦といえば化粧品などスキンケア商品の原材料としても使用されていますが、ハト麦の皮を剥いだ種子から抽出されるエキスはヨクイニンエキスと呼ばれており、病院が処方するいぼの治療薬にも使用されています。

ヨクイニンエキスは液体窒素や炭酸ガスレーザーのように直接的にいぼを除去するものではなく、皮膚の免疫力を高め、肌のターンオーバーを正常化することによって、間接的にいぼを除去します。

肌のターンオーバーが正常化することによっていぼの芯が皮膚表面に徐々に押し出され、最終的に剥がれ落ちるというわけです。

ただ、治療期間は非常に長く、少なくとも3ヶ月以上、人によっては1年以上かかることもありますので、根気強く続けることが最大のポイントとなるでしょう。

ちなみに、難治性いぼなど治療が難しいいぼの場合、液体窒素治療やレーザー治療にヨクイニンエキスによる治療を合わせることもあります。

なお、首のいぼを予防するには毎日のスキンケアも大切なのですが、ヨクイニンエキスを配合したポツポツ対策の美容クリーム商品などもたくさん販売されていますので、ぜひ試してみてください。

⇒ヨクイニンエキス配合の人気美容アイテムはこちら