首にできるいぼの特徴

首のいぼが出来るのはなぜ?首元に手をあててみてざらざらした感じやプツプツ、ぼつぼつを感じることがあります。

それはいわゆるいぼと呼ばれるものです。いぼはよくある皮膚疾患の一つです。

しかしいぼがあると見た目がとても損なわれてしまいます。触っても不快感があります。

いぼが発症するのは男性でも女性でも同じです。

おおよそ30代くらいから増え始めてくると言われていて、年齢に伴って増加する傾向があります。ではいぼの原因には何があるでしょうか。

いぼの原因1:ウイルス

いぼの原因は実はいろいろあります。大きく分けるといぼの種類は2つの大きなカテゴリーに分けられます。ウイルス性のものと老人性のものです。ウイルス性のものの場合は尋常性疣贅(ゆうぜい)とか尖形コンジローマ、青年扁平疣贅などがあります。

これらのいぼは感染症として発症します。この中で一番メジャーなのは尋常性疣贅で、ウイルス性のいぼのほとんどがこれです。首元では細長いフォルムのできものを作る事が多いです。

尖形コンジローマは陰部によくできる性感染症のひとつです。青年扁平疣贅は顔や手にできるいぼで線状に発症する事があります。形状はあまり盛り上がらず、赤くなったりします。ウイルス性のいぼの治療には液体窒素を使った冷凍凝固術が一般的によく使われます。またレーザーや薬剤の塗布、軟膏なども使われます。

いぼの原因:加齢

もう一つのいぼの原因のカテゴリーは老人性のものです。こちらは名前のとおり加齢に応じて発症しやすいいぼです。脂漏性角化症と呼ばれることもあります。このタイプのいぼはウイルス性のものとは異なり他の人に感染する事はありません。

加齢とともにターンオーバーが不順になると肌表面に残ったメラニン色素が徐々に盛り上がってきます。それが最終的に角化症となることがあります。ただしこれは必ずしも年のいった人だけが発症するわけではありません。

若くても老人性いぼに悩むことはあります。ちなみに発症する部位としては首や顔や体の中心などに多く、褐色でざらざらした感じが特徴です。ただ色や盛り上がりについては変動します。

いぼのその他の原因:乾燥や紫外線や摩擦

いぼは乾燥や紫外線や摩擦の影響によっても発生する事があります。人の皮膚は適度な皮脂の分泌によって守られています。しかしその分泌量が低下すると乾燥し、紫外線の悪影響もさらに受けてしまい肌を弱らせます

また知らない間に衣服やアクセサリーがすれて肌にダメージが蓄積されることもあります。アクセサリーについては特に女性に多く見られるでしょう。首は皮膚が薄めのためいぼができやすい箇所です。首のいぼは主に肌のこうした角質の問題によるものです。