首の老人性イボとは、加齢に伴い肌のターンオーバーが遅れることでできるいぼです。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも言います。

老人性イボはウイルスが原因でできるウイルス性いぼではありませんので、他の皮膚に感染することはありません。

ただし、老人性イボの見た目は皮膚がんと似ているため、いぼを見つけたら早めに皮膚科を受診した方が良いでしょう。

ここでは首の老人性イボの原因と症状、および治療法を紹介しますので、参考にしていただければと思います。

首の老人性イボの原因とは?

首の老人性イボの原因とは

人間の皮膚のターンオーバーは、加齢とともに衰えます。

皮膚のターンオーバーが正常であれば、皮膚の生まれ変わりと共に角質が自然に剥がれ落ち、健やかな皮膚を保つことができるでしょう。

ですが、皮膚のターンオーバーが乱れると古い角質が皮膚に留まり続けると、茶褐色をしたシミ(老人性色素斑)のようになります。

そのシミが紫外線や衣服の摩擦などで刺激を受けて変異し、老人性イボになるのです。

なお、冒頭でもお伝えしましたが、老人性イボの見た目は皮膚がんと似ていますので、老人性イボであるか否か皮膚科で診察してもらった方が良いでしょう。

老人性イボの一種「スキンタッグ」とは?

「皮膚に小さなポツポツがあって気になる・・・」

そのポツポツ、スキンタッグかもしれません。

スキンタッグは老人性イボの一種で、首や顔など紫外線があたる皮膚にできやすいと言われています。

ウイルス性イボのように他の皮膚に感染することはありませんので、そのまま放っておいても問題ないのですが、首にスキンタッグがあるとネックレスなどのアクセサリーが引っかかることがあるため、気になるなら治療したほうが良いでしょう。

首の老人性イボの症状とは?

首の老人性イボの症状とは

首の老人性イボには特に症状がありません。

痛みやかゆみを感じることもほとんどありませんので、そのまま放っておくという方も多いでしょう。

ただ、ネックレスが引っかかったり、衣服と擦れたりすると痛みやかゆみを伴うことがあります。

また、老人性イボは放っておくと大きくなってしまう可能性がありますし、顔や首の皮膚など目立つ部位にあるとコンプレックになってしまいますので、そのまま放っておくより皮膚科で治療したほうが良いかもしれません。

首の老人性イボの治療方法とは?

首の老人性イボはそのまま放っておいても問題ありませんが、首に老人性イボがあると老けた印象を与えてしまうため、皮膚科で治療することをおすすめします。

老人性イボの治療法として多くの皮膚科が取り入れているのが、レーザー治療、液体窒素療法、ヨクイニン内服薬療法です。

以下、これらの老人性イボの治療法について説明していますので、ご参考ください。

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療は、炭酸ガスレーザーや紫外線などをいぼの細胞に照射する治療法です。

炭酸ガスレーザーや紫外線などのレーザーを細胞に照射すると、細胞内の水分と化学反応を起こし、熱が発生します。

その熱エネルギーでいぼの細胞を消滅させるというわけです。

肌に跡が残りにくいですし、治療時の痛みもほとんどありません。

また、治療期間は10~14日程度と非常に短いので、老人性イボの治療には最適と言えるでしょう。

ただし、レーザー治療は保険適用外となります。

レーザー治療についてはこちらのページで詳しく説明していますので、ご参考ください。

⇒「首のいぼの治療跡を残したくないなら炭酸ガスレーザー療法!炭酸ガスレーザー療法のメリットとデメリットとは?」

液体窒素療法

液体窒素療法

液体窒素療法は、マイナス196度の液体窒素をいぼの細胞に塗布するし、壊死させる治療法です。

多くの病院がいぼの治療法として取り入れており、治療効果は高いとされています。

ただ、液体窒素をいぼの細胞周辺の皮膚に塗布してしまった場合、シミのような跡が残る可能性がありますので、跡を気にする方はレーザー治療を受けたほうが良いかもしれません。

治療時には強い痛みを伴ううえ、治療期間は3ヶ月程度と、レーザー治療と比較すると長めです。

なお、液体窒素療法は保険が適用されるため、3割負担で済みます。

液体窒素療法についてはこちらのページで詳しく説明していますので、ご参考ください。

⇒「首のいぼは液体窒素療法で治る?治らない?液体窒素療法のメリットとデメリットとは」

ヨクイニン内服薬療法

ヨクイニン内服薬療法

ヨクイニン内服薬療法は、ヨクイニンエキスを成分とした内服薬を服用する治療法です。

ヨクイニンに含まれている成分には免疫細胞を活性化させる効果があるとされています。

免疫細胞が活性化することで肌のターンオーバーが促進され、いぼの治療につながるというわけです。

なお、ヨクイニンがイボ細胞を直接的に攻撃するわけではなく、肌の力を高めることで自然治癒に導くことになります。

ただ、老人性イボの場合、いぼの治療目的というより予防目的で服用したほうが良いかもしれません。

老人性イボの予防には肌のターンオーバーを活性化させることが大切ですので、ぜひお試しください。

老人性イボの予防に大切な5つのこと

老人性イボの予防に大切な5つのこと

首の老人性イボを予防するためには、以下に挙げる5つのことを実践してみてください。

  • 紫外線を避ける
    老人性イボの原因の項目で説明しましたが、老人性イボは紫外線の刺激によってできることがあります。そのため、普段から紫外線が当たらないよう対策を講じることが大切です。日焼け止めクリームで紫外線から肌を守ったり、日焼け止めサプリメントなどで紫外線に負けにくい身体を作ることを心がけるのも良いでしょう。

  • 肌のターンオーバーを整える
    老人性イボは肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が蓄積されることが大きな原因とされています。古い角質が自然に剥がれ落ちるようにするには肌のターンオーバーを整えることが大切です。ターンオーバーを整えると若々しい肌がよみがえりますので、普段から心がけると良いでしょう。なお、いぼの治療薬として用いられているヨクイニンには、肌のターンオーバーを整える作用があると言われています。

  • 規則正しい生活習慣を送る
    規則正しい生活習慣は、肌のターンオーバーの正常化につながると言われています。特に心がけたいのは、十分な睡眠時間を確保するということです。寝不足は肌荒れの原因となりますし、肌のターンオーバーの乱れにつながりますので、睡眠はしっかりとりましょう。

  • 食事の栄養バランスを見直す
    健全な皮膚は適切な栄養バランスから作られます。ビタミンやミネラルなどの成分をバランス良く摂取し、健全な皮膚を手に入れることができれば、老人性イボの予防につながるかもしれません。栄養バランスの取れた食事が難しいなら、サプリメントで補給するのも良いでしょう。

  • 化粧水などで肌を保湿する
    肌を紫外線から守るには、細胞に十分な栄養と水分が必要です。保湿効果がある成分が含まれている化粧水や美容クリームを使用すれば、紫外線に負けない肌を手に入れられるかもしれません。老人性イボの予防にもつながりますし、何より若々しい肌をキープできるかもしれませんので、ぜひお試しください。

⇒いぼ対策!?話題のヨクイニンエキス配合クリームはこちら