首のいぼとりクリームの役割

クリームはどれくらい使えばいいの?首のいぼは本当に面倒で、見た目がよくありません。いぼには混合型や偏平型、突起型などいろいろとあります。いぼは肌の不調からもたらされます。

肌が加齢や紫外線による影響で老化していくと、古い角質が残って肥厚し、硬くなっていぼになります。いぼは病院で治療することも可能です。しかし自宅で気軽に治していきたい場合は、いぼとりクリームを使う方法があります。

いぼとりクリームは、肌を柔らかくして整え、角質の状態を良くするように開発されています。しかしクリームを使ったことがない人はどんな使い方をすれば良いのか分からないかもしれません。クリームの量や使い方について解説します。

クリームはどれくらい使うか

クリームの量は商品によって異なります。そのため、商品の説明書に書かれた量を適宜使う様にしてください。

また、早くいぼをなくしたいあまり、たくさんの量をぬりたくってもムダに消費してしまう恐れがあるため、控えるようにしましょう。また逆にクリームをけちって不足し過ぎても効果が期待できません。

あくまでも適量を使用するのが大切です。一例として「アプリアージュオイルS」というオイルについて見てみましょう。説明によると、気になる部位にオイルを多めに伸ばしてマッサージをします。

だいたい6プッシュ前後が目安となっています。特に気になる患部には、集中して円を描くようにしてマッサージをします。

「シルキースワン」という他の商品についても、同様に適量を手にとって気になる部分にのせて円を書くようにマッサージするよう指示されています。

使用期間はどれくらい?

使用期間については、体質やもともとの肌の状態など個人差があるため、はっきりした基準はありません。早い人は数日間で肌のはりやしっとり感を感じる場合があります。

数ヶ月間、毎日使い続けることで効果を実感した、という人が少なくありません。

マッサージする理由

軟膏のようにつけておしまいではなく、首のいぼとりクリームないしオイルは、マッサージをしながら塗り込むのが基本の使い方です。

なぜマッサージをするかというと、温まって血行がよくなり筋肉のこりもほぐれるからです。そうなるとくすみやたるみの解消も期待できます。

あまり力を入れすぎないように気をつけながら、くるくると指先でマッサージするようにしてください。首については、あごから首筋、鎖骨のくぼみに向けて中央から外側に流すようにしてマッサージします。