首のいぼはなぜできる?

首のいぼはなぜできるのでしょうか?

それには2つの原因があると考えられます。

ひとつはウイルス、そしてもうひとつは加齢です。

ウイルスが原因となってできるいぼはウイルス性いぼと呼ばれており、年齢が若い方から高齢の方までできる可能性があります。

一方、加齢が原因となってできるいぼは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれており、年齢を重ねるほどできる可能性が高いいぼです。

ここでは首のウイルス性いぼがなぜできるのか、そして老人性いぼがなぜできるのか説明しますので、ぜひ参考にしてください。

首のウイルス性いぼはなぜできる?

首のウイルス性いぼはなぜできる?

首のウイルス性いぼはなぜできるのでしょうか?

首にかかわらず、ウイルス性いぼの原因はヒト乳頭腫ウイルス(HPV)というウイルスです。

このウイルスが皮膚の微細な傷から侵入し、感染することによってウイルス性いぼができます。

ウイルス性いぼは感染性であるため、もし皮膚に傷がある時にウイルス性いぼを持っている人と接触すると、ご自身も感染してウイルス性いぼができてしまう可能性がありますので、皮膚に傷がある時は絆創膏やガーゼなどで保護しておくと良いでしょう。

また、皮膚に傷がある時に温泉やプールなどに行くのも避けたほうが良いかもしれません。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とは?

尋常性疣贅はウイルス性いぼ全般のことだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、厳密に言うとそれは違います。

尋常性疣贅はHPV(ヒト乳頭腫ウイルス)2/27/57が原因となってできるウイルス性いぼのことです。

ウイルス性の多くは小豆大程度の大きさで白色をしていますが、このほとんどは尋常性疣贅となっています。

ウイルス性いぼには尋常性疣贅の他、HPV3/10/28が原因であり、シミのような形をしている扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)、性感染症の一種であり、HPV6/11が原因となってできる尖圭コンジローマなどがありますので、覚えておくと良いでしょう。

水いぼとは?

水いぼは子供によくできる皮膚疾患の一種で、正式には伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)と言います。

皮膚に傷がある時などにプールや温泉などに入るとウイルスに感染し、水いぼができると言われていますが、免疫力が高まるにつれて自然に治ると言われていますので、特に病院で治療を受ける必要はないでしょう。

ただし、かきむしって皮膚に傷ができると、他の感染症を引き起こしてしまう可能性があるため、病院で早めに治療したほうが良いかもしれません。

ちなみに、水いぼはアトピー性皮膚炎や湿疹を持っている子供にできやすいと言われています。

首のウイルス性いぼの治療法

首のウイルス性いぼの主な治療法として挙げられるのは、液体窒素治療とレーザー治療です。

液体窒素治療では超低温の液体窒素をいぼの塗布し、いぼ細胞を凍結死させて除去する一方で、レーザー治療では炭酸ガスレーザーなどをいぼの細胞に照射し、熱エネルギーでいぼを焼却死させて除去います。

液体窒素治療は保険が適用されますが、治療時に強い痛みがあり、また治療跡が残る可能性も否定できません。

一方、レーザー治療は保険適用外の治療法となりますが、治療時に痛みを感じることはほとんどなく、また治療跡も残りにくいと言われています。

各治療法のメリットとデメリットについては以下のページで詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」

首の老人性いぼはなぜできる?

首の老人性いぼはなぜできる?

首の老人性いぼはなぜできるのでしょうか?

その大きな原因とされているのは、加齢による老化です。

人間の皮膚のターンオーバーは加齢とともに衰えてしまうのですが、そうすると皮膚の上に古い角質がとどまり続けてしまいます。

溜まった古い角質が紫外線などによる刺激を受けて盛り上がり、老人性いぼになるのです。

そのため、首の老人性いぼはなぜできると思っているかたは、皮膚のターンオーバーを正常化させると言われるヨクイニンエキスを試したり、古い角質が溜まらないように普段のスキンケアに力を入れると良いかもしれません。

なお、首の老人性いぼについてはこちらのページでより詳しく解説していますので、チェックしていただければと思います。

⇒「首の老人性イボの原因と症状は?治療法はこれだ!」

いぼとにきびは違う?

いぼとにきびは違う?

いぼの種類によっては、見た目がにきびと似ているものがあります。

そのひとつが、スキンタッグです。

スキンタッグは老人性いぼの一種とされており、特に痛みやかゆみを感じることはありません。

ただ、そのまま放っておくとサイズが大きくなったり、数が増えてしまう可能性があります

スキンタッグは見た目がにきびやほくろと似ていますので、何も気にせずそのまま放っておく人も多いようですが、治療するに越したことはないでしょう。

一方、にきびは皮膚の炎症の一種であるため、スキンタッグとは異なります。

ただ、スキンタッグとにきびを予防するには肌を清潔な状態に保つことが大切ですので、日頃から適切なスキンケアを心がけてください。

首のいぼでこんなコンプレックスが・・・

首のいぼでこんなコンプレックスが

首にいぼがあると、コンプレックスにつながる可能性があります。

首にいぼがある時に特に気にしがちになるのが、美容院です。

首にいぼがあると美容院で髪をカットする際などに美容師に見られてしまいますので、どうしても気になってしまうでしょう。

首のいぼが原因となり、美容院に行くのが億劫になったという方もいらっしゃるかもしれません。

また、肌の露出が増えがちな夏に苦手になり、プールや海などに行くのをためらってしまうようになりがちです。

そうならないためにも、首のいぼは早めに治療することをおすすめします。

スキンケアでポツポツ対策!

スキンケアでポツポツ対策

肌のポツポツ対策としてぜひ実践していただきたい一つが、毎日のスキンケアです。

適切なスキンケアをしていればいぼを予防できるかもしれませんし、いぼだけでなくにきびの予防にもなるでしょう。

ただ、どのようなスキンケアアイテムを使うかも大きなポイントになります。

ポツポツ対策として使用するのであれば、ヨクイニンエキスを配合したスキンケア商品がおすすめです。

当サイト「ずっと使える安全な首のいぼ&角質除去クリームの検証してみた!」の中でもお伝えしていますが、ヨクイニンエキスは首のいぼの治療薬にも用いられている成分であり、肌のターンオーバーを正常化する効果が期待できると言われています。

さらに免疫力を高める作用もあると言われていますので、ポツポツ対策としてはもちろん、健康的な美肌を手に入れることができるかもしれません。

では、ヨクイニンエキスを配合したスキンケア商品にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下のページでポツポツ対策として高い人気を獲得しているヨクイニンエキス配合ポツポツ対策スキンケア商品を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

⇒ヨクイニンエキス配合!人気のスキンケア商品はこちら