首のいぼに効果あり?「ハト麦種子エキス」

首のいぼの治療に用いられるひとつが、ヨクイニンです。

「いぼにはハトムギが良い」という話を耳にしたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ヨクイニンはハトムギの種子のことですので、それはあながち間違いではないかもしれません。

ただ、厳密に言うとハトムギエキスとヨクイニンエキスは異なるものであり、首のいぼの治療に用いられているのはヨクイニンエキスのほうです。

そのため、首のいぼ治療目的であるなら、ヨクイニンエキス配合の医薬品を服用すると良いでしょう。

では、なぜヨクイニンエキスが首のいぼの治療に用いられているのでしょうか?

その理由とヨクイニン治療のメリットおよびデメリットについてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

首のいぼ治療になぜヨクイニンが使われるの?

首のいぼ治療になぜヨクイニンが使われるの?

首のいぼの治療のために皮膚科へ行くと、ヨクイニンエキスを配合した内服薬を処方されることがあります。

つまり、ヨクイニンにはいぼを治療する効果が認められているというわけです。

では、なぜヨクイニンにいぼを治療する効果があるのでしょうか?

その主な理由として、以下の2つが挙げられます。

  • 皮膚のターンオーバー
    いぼを治療するためには、皮膚のターンオーバーを改善する必要があると言われています。 皮膚のターンオーバーが乱れていると、ウイルス性いぼの芯が皮膚の表面に出てくるまで時間がかかってしまうでしょう。老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)においても、皮膚のターンオーバーの遅れが原因とされていますので、いぼの治療や予防にはターンオーバーの改善が欠かせません。

  • 免疫力のアップ
    いぼを予防するためには、免疫力を高めることも効果的とされています。免疫力が低ければいぼの原因となるウイルスに感染する可能性が高まってしまいますし、すでにウイルス性いぼがある時も他の皮膚に感染してしまう可能性が高くなるでしょう。

上記2点に効果を発揮するのが、ヨクイニンなのです。

ヨクイニンエキスには皮膚のターンオーバーを正常化し、免疫細胞を活性化させる効果が期待できると言われていますので、首のいぼの治療や予防にぜひ活用してみてください。

ちなみに、ヨクイニンエキスはにきびの予防・解消にも効果ができると言われており、多くのにきび対策商品にも使用されています。

ヨクイニンのメリットとは

ヨクイニンのメリットとは

ヨクイニンのメリットとして、漢方なので副作用がほとんどないこと、いぼの治療薬として皮膚科が処方していること、ウイルス性いぼはもちろん老人性疣贅にも対応していることが挙げられます。

以下、それぞれのメリットについて具体的に見ていきましょう。

メリット① 副作用がほとんどない漢方薬

ヨクイニンは古くから利用されている漢方薬のひとつです。

ご存知の通り、漢方薬には副作用がほとんどありませんので、化学的な医薬品と比較するとより安心して利用することができるのではないでしょうか。

ちなみに、ヨクイニンエキスを配合した内服薬には発疹や発赤、かゆみ、蕁麻疹、胃部不快感、下痢などの副作用が出る可能性があると言われています。

メリット② 皮膚科が処方

ヨクイニンエキスを配合した内服薬は、いぼの治療薬として皮膚科が処方しています。

つまり、いぼの治療効果が認められていることの証明とも言えるでしょう。

なお、ヨクイニンエキスを配合した医薬品は薬局やドラッグストア、ネット通販でも購入することができます。

メリット③ ウイルス性いぼと老人性疣贅の治療に対応

ヨクイニンのメリットとして、ウイルス性いぼはもちろん、加齢が原因よって生じるとされる老人性疣贅に効果が期待できるという点が挙げられます。

また、治療だけでなく予防効果も期待できますので、普段から利用するのも良いかもしれません。

ヨクイニンのデメリットとは

ヨクイニンのデメリットとは

ヨクイニンには多くのメリットがありますが、それど同時にデメリットがあるということも知っておかなければなりません。

デメリットを知っておけば、万が一のときでも適切な対応をとることができるでしょう。

ヨクイニンのデメリットとして、効果がない場合があること、液体窒素治療やレーザー治療と比較して治療期間が長いことが挙げられます。

以下でそれぞれのデメリットについてもう少し詳しく説明しましょう。

デメリット① 効果がない場合がある

ヨクイニンは液体窒素治療やレーザー治療などのように、いぼを直接的に治療するというものではありません。

人間の自然治癒力を引き出すことが目的となりますので、いぼの状態によっては効果が出ない場合もあります。

治療が困難な難治性いぼの場合、ヨクイニンに効果は見込めないと言われていますので、必ず皮膚科で治療してください。

ちなみに、初期のいぼであればヨクイニンだけで完治する可能性があるとされています。

デメリット② 治療期間が長い

ヨクイニンのデメリットとして、治療期間が長いという点も挙げられます。

基本的には3ヶ月毎日ヨクイニン内服薬を服用しなければならないのですが、いぼの状態や個数、または個人差によって治療期間は異なり、場合によっては1年以上を要することもあるとされていますので、根気強く続けることが大切です。

ポツポツ対策にはヨクイニン配合クリーム!

ポツポツ対策にはヨクイニン配合クリーム

ポツポツ対策としておすすめしたいのが、ヨクイニンエキスを配合したクリームです。

最近ではヨクイニンエキスを配合したクリームなどさまざまな商品が販売されていますが、上記で説明しましたように、ヨクイニンエキスには皮膚のターンオーバーを正常化する効果が期待できると言われています。

また、免疫細胞を活性化する効果も期待できると言われていますので、ヨクイニンエキス配合クリームなどの商品を使い続けることにより、ポツポツ対策となるかもしれません。

ただ、どのポツポツ対策商品を選ぶのかも重要です。

当サイト「ずっと使える安全な首のいぼ&角質除去クリームの検証してみた!」では、ポツポツ対策として話題の商品を一覧で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

⇒話題のポツポツ対策商品一覧はこちら