いぼが出来る基本原因

食生活でいぼは出ないようにできる?いぼが出来る基本的な原因は、皮膚の老化です。ウイルス性のいぼは別として、通常多くの人が悩んでいるいぼというのは、加齢によるものや肌のダメージの蓄積から来る肌の老化によってもたらされます

私たちの皮膚の一番外側には表皮があって、その表皮は4つの層に分かれています。そのうち、一番外側にあるのが角質層です。皮膚はターンオーバーというサイクルによって一定期間で更新されていきます。

しかしいろいろな要素が原因で、この更新サイクルが乱れてしまい、古い角質がはがれずにたまってしまうことがあります。そのたまった角質が原因でいぼが発生します。

加齢によるものは防げないとしても、肌の乾燥や衣服などの摩擦、紫外線といった要素はある程度対処可能です。

しかし肌を守るためには、単に皮膚の外側の状態にだけ気を使うのでは不十分です。食事にも気をつける必要があります。

食事とも関係がある?

食事といぼがどんな原因があるのかピンと来ないかもしれません。しかし食事というのは、体の健康を維持するのに非常に重要なファクターです。

食生活が乱れていると、いろいろな体の不調の原因となりえます。いぼについても例外ではありません。食生活が乱れていると、肌に良いビタミンの摂取がおろそかになってしまうことがあります。

肌に良いビタミンというと、具体的にはビタミンAがあげられます。ビタミンAは皮膚の健康を保つ働きがあります。またビタミンCやEも大切です。

これらのビタミンには抗酸化作用があり、皮膚の老化を妨げる作用があります。これらのビタミンを豊富に含む食事を心がけることで、皮膚の状態をサポートできます。

ビタミンAやCやEを豊富に含む食品

ビタミンAはレバーやうなぎ、チーズ、緑黄色野菜によく含まれています。ビタミンCはかんきつ類のフルーツによく含まれています。野菜やお芋にも多いです。

ビタミンEはナッツ類に豊富です。アーモンドやうなぎ、アボカド、たらこなどによく含まれています。これらの食材をバランスよく意識して摂り入れることで、肌ケアのサポートになります。

直接的なケアはいぼとりクリームで行う

すでに出来ているいぼに対しては、いぼとりクリームを使用するのも良い方法です。いぼケア用品としては、杏仁オイルが多く含まれているものやハトムギエキスが使われているものが多くみられます。

これらのクリームを、直接気になる部分にマッサージしてぬりこむことでケア可能です。体の内側と外側両方からケアをしていぼ対策を施しましょう。